脱毛施術の時にほくろはどう扱われるの?

脱毛の施術を受ける上でマイナスの要素はいろいろですが、ほくろもその一つです。ここではサロンではほくろへの照射をできない理由について見ていく事にしましょう。

ほくろへ照射できない理由

ほくろへ照射できないのには理由があります。脱毛は毛の成長期を狙って、メラニン色素に反応する特別な光を使い脱毛します。メラニン色素は黒色ですが、そのメラニン色素に光が当てれば毛が成長する組織をちょっとずつ破壊していく事ができます。
 
サロンの光脱毛にしてもクリニックのレーザー脱毛にしても黒色に反応するのは同じ事です。ですからほくろに照射したら反応して痛みも強く出ますし火傷をしてしまう時もあります。ただ、クリニックでは小さいほくろならそのまま照射する事があります。

シールでガードする場合

サロンの脱毛ではほくろに照射はできませんが、小さめのほくろならシールを貼る事でそこの部分に光を当てないようにして、その周りを脱毛できるようにします。ではクリニックのレーザー脱毛の場合はどうかと言うと、病院で脱毛施術を受ける時には小さいほくろならそのまま照射してしまう事が多いです。
 
レーザーはほくろを薄くする効果もあります。ですから毛もほくろもなくしたい人には一石二鳥と言えるでしょう。

脱毛したらほくろの数は増えてしまうのか

クリニックに行けばほくろが薄くなるのが普通です。しかし、中には逆に増えてしまう人もいるのです。基本的には脱毛施術を受けてほくろの数が増える事はありません。
 
では、ほくろが増える人がいるのなぜでしょうか。考えられる一つ目は照射をされた事で毛穴が火傷状態になった事です。これは抗炎症効果がある塗薬などを使えば解決できます。火傷が小さい時には次第に良くなって治っていきます。
 
また再び火傷にならないようにサロンやクリニックにも出力の事を伝えておくのもいいでしょう。それからもう一つ考えられるのは既に皮膚の下で作られていたメラニン、シミがレーザーに刺激されて皮膚の表面に出てきた可能性です。
 
こちらは脱毛が直接的な原因ではないと言えます。ですから、防止するためには紫外線対策を念入りにしてメラニンが作られるのを抑える事が対策になります。ほくろがあっても脱毛施術を受ける事はできます。
 
ほくろが多すぎて美容上あまり好ましくないと思うならいっそのことクリニックで脱毛のついでにほくろも取り除いてもいいかもしれません。ぜひ、検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です